塗装工程

標準塗装仕様

対応素材

  • 普通銅板の塗装工程(SPCC)
  • ボンデ銅板の塗装工程(SECC)
  • アルミ・ステンレス・ジンコード板の塗装工程
  • ダイキャスト板の塗装工程

塗装前処理

No.1 脱脂(表面洗浄)

作業内容 付着物を完全に除去し、表面を洗浄する。
備考 温度80~90℃×5~15分

No.2 脱脂(アルカリ洗浄)

作業内容 アルカリ洗浄剤であらゆる金属処理を行う。
備考 温度も毎日測定し補給管理する。
温度45~65℃×10~15分

No.3 水洗

作業内容 アルカリ洗浄剤を除去する。
備考 流水で除去

No.4 化成被膜

作業内容 ディッピング処理にリン酸亜鉛膜を形成し、塗料の密着性及び耐久性を向上させる。
備考 濃度も毎日測定し補給管理する
温度45~65℃×10~15分
膜厚6~12ミクロン

No.5 水洗

作業内容 リン酸液を除去する。
備考 流水で除去。

No.6 湯洗

作業内容 リン酸液をさらに除去する。
備考 温度70~80℃

No.7 乾燥

作業内容
  1. 炉に入れ、熱風乾燥する。
  2. アルミ・ダイキャストの場合は、化成被膜処理後熱風乾燥炉で余熱する。
備考
  1. 温度100~120℃×約10~15分(水で濡れてなく、乾いていること)
  2. 素材温度70~80℃にする。

※温度に十分注意する。

No.8 部品の掃除

作業内容 塗装前には必ず被塗装物表面エアーブロー又はハケでゴミ等を除去する。
備考

No.9 部品のマスキング

作業内容 部品の非塗装箇所をマスクする。
備考 図面参照

下塗り

No.10 下塗り

作業内容
  1. アミノアルキッド樹脂またはエポキシ樹脂系(下地塗料を塗装し、金属表面の処理基礎膜を作る)
  2. メラミン樹脂系塗り塗料で焼付塗装する。
  3. セッティング(放置乾燥5~15分)
備考
  1. 錆止め性、付着性がすぐれている
  2. 吹付距離15~20cm 膜厚20ミクロン以上(参考値)
  3. 装年度20~25秒/FC#4

No.11 強制乾燥

作業内容 炉に入れ、強制乾燥する。
備考 温度150℃×20分
下塗りの焼付工程でオーバーベークになった場合、上塗りとの層間密着性が低下するので温度管理に十分注意する

No.12 パテ付け

作業内容 塗膜の上にパテ付けする場合サンドペーパーで塗膜を研磨し、ワックス分、その他を除去し、窪みをヘラで埋める。
備考 極端な厚付けは避ける。製造年月日より6カ月以上過ぎたパテは使用しない(固くなった物は使用禁止)

No.13 強制乾燥

作業内容 炉に入れ、強制乾燥する。
備考 温度120~150℃×10~20分

No.14 ペーパー掛け

作業内容 パテ部分をサンドペーパーで平らに仕上げる。
備考 #280~#320サンドペーパー使用

No.15 部品の掃除

作業内容 被塗装物表面をエアーブロー又はハケでゴミ等を除去する。
備考

中塗り

No.16 中塗り(表面)

作業内容 パテ付けした物に「吸われ」を防ぐため塗装する。
溶接の凹凸を最小限にする。
備考 膜厚20ミクロン以上(参考値)
表面のみ塗装する
塗装年度20~25秒/FC#4

No.17 強制乾燥

作業内容 炉に入れ 強制乾燥する。
備考 温度150℃×20分

No.18 ペーパー掛け

作業内容 サンドペーパーで塗膜を研磨し、ワックス分・ゴミ・その他を除去する。
備考 #320~#400サンドペーパー使用

No.19 部品の掃除

作業内容 被塗装物表面をエアーブロー又はハケでゴミ等を除去する。
備考

上塗り

No.20 上塗り(裏面)

作業内容 塗料を攪拌し吉野紙でろ過し塗装する。
備考 色つやに注意。セッティング5~15分(アワが消えた時が目安)
膜厚20ミクロン以上 塗装粘土20~25秒/FC#4

No.21 強制乾燥

作業内容 炉に入れ、強制乾燥する。
備考 温度150℃×20分

No.22 上塗り(表面)

作業内容 塗料を攪拌し吉野紙でろ過し塗装する。
吹付け前にエアーブローしゴミ等を十分に除去する。
備考 塗装年度20~25秒/FC#4
エアー圧:3-3.5kg/cm
吹き付け距離15-20cm
パターン巾を部品の形状、大きさに合わせる
膜厚20~30μ セッティング5~15分

No.23 強制乾燥

作業内容 炉に入れ、強制乾燥する。
備考 温度150℃×20分

No.24 出荷検査

作業内容 出荷検査手順SA-Q-003による
備考

シルク印刷作業手順

No.1 現品票を基に、図面、シルク原板をとりそろえる。

確認項目
  1. 種別の確認(P1、P2:G1、G2等)
  2. 原板の清掃

No.2 原版のセット

確認項目
  1. 印刷の基準位置合わせ
  2. インクの色確認(図面指示による)
  3. 加工品の数量確認
  4. メッキ品および素材品は、シルク印刷面を全数拭き取る

No.3 試し印刷(数量 1個)

確認項目
  1. 図面との照合(加工品穴形状、文字位置等)
  2. 文字カスレ、脱字の無いこと

No.4 印刷

確認項目
  1. 素材にキズ、汚れの無いこと
  2. 作業の始め、中間、終わりに外観確認(点検数 各時点で 1個)

No.5 焼き付け

確認項目 150度の乾燥炉にて20分

No.6 外観検査

確認項目 品質管理体制の項目4、項目5による

No.7 梱包

確認項目
  1. 数量確認
  2. 現品票のシルク指示部へマーカー及び、担当印(サイン)をする

【注意】
1)印刷不具合のため修正を行う時は、部分修正では無くブロック単位で行う事。
2)印刷修正後の周辺の文字抜けの無いことを図面と照合し確認する。

このページの先頭へ戻る